カムカム

セルライトソリュージョンにはカムカムが配合されています。カムカムとは、南米のペルーのアマゾン川流域の熱帯雨林に産する植物で、果実はサクランボのような赤紫色をしているフトモモ科の常緑低木です。



カムカム(学名Myrciaria dubia)は、現地では様々な呼び方がなされていて、Camu camu、CamuCamu、Cacari、Camocamoなどの名があるようです。



カムカムの特徴はなんと言ってもビタミンCの含有量です。実には100gあたり約2800mgのビタミンCを含み、これはレモン果汁の50〜60倍、アセロラ、又は最近日本でも話題になったローズヒップの2倍以上、キウィフルーツの約40倍、ブルーベリーの300倍以上に相当します。



ビタミンCは、毎日摂らなければならない栄養素で、日本人のビタミンCの一日の所要量は、2000年4月から100mgとされています。ほかにアミノ酸のバリン・ロイシン・セリンや、フラボノイドも多く含んでいて、現地では、肌荒れ防止、風邪予防、便秘、肥満抑制、糖尿病、高血圧などに良いと言われています。



カムカムに含まれているような天然ビタミンCは、化学合成ビタミンCと比べカラダに優しいとされ、例えば、天然ビタミンCは、化学合成ビタミンCと比べ体内での吸収率が良いと言われています

セルライトソリュージョン 最新一覧 By 楽天


ローズマリー / カムカム / カモミール / 田七人参 / セルライトソリュージョンとメリロート / セルライトソリュージョンと田七人参など / セルライトソリュージョンとαリポ酸
タグ:カムカム
| カムカム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。