カモミール

セルライトソリュージョンに配合されているカモミール(英: chamomile 、あるいはカモミーユ(仏: camomille)、学名: Matricaria recutita)は、和名をカミツレといいますが、あるいは、カミルレとも呼ばれているキク科の一年草のハーブです。また、カモミールと呼ばれる植物が他にもあるため、区別するために、ジャーマン・カモミール(German chamomile)ともいいます。



カモミールは、アピゲニンという強力な抗酸化力のあるポリフェノールの一種を豊富に含んでいます。アピゲニンは、イライラや不安を取り除いたり、緊張を和らげ、リラックス効果が得られるなど、抗ストレス作用があります。



そして、アビゲニンは、脳の細胞が老化によって減少するのを遅らせることで脳を老化から守り、アルツハイマー病などの認知症の予防効果があるとされています。それは、脳の酸素が欠乏することで起こる分裂促進因子活性化キナーゼ経路を食い止める作用がアビゲニンにあるからとされています。



アピゲニンは、また抗がん作用があるとされていて、大腸ガンや卵巣ガンに対しての報告が存在するようです。



カモミールが含む、アズレンは、カモミール・ブルーと呼ばれる青色の成分で、古くからヨーロッパで民間薬として用いられてきました。アズレン誘導体は穏やかな抗炎症作用や抗菌作用を持ち、副作用がほとんどない安全な医薬であるため、現在でも胃薬、うがい薬、目薬などに広く配合されています。



カモミールに含まれるビサボロール (bisabolol)は、甘い花のような弱い芳香を持つことで、さまざまな香料に使われています。肌を保護する効果があるとされ、古くより化粧品にも用いられてきた。また、アズレン同様に、抗刺激性、抗炎症性、抗菌性を持つことが知られています。



カモミールは、これらの有効成分を含むことで、かつては薬草として用いられ、健胃剤・発汗剤・消炎剤・婦人病の薬などに用いられていました。現在は、安眠の薬と言われ、例えば、ハーブティーとして飲用することで、リラックスしてよく眠れると言われています。心身の不定愁訴の解消に役立ち、園芸療法の代表的なハーブとして有名です。

セルライトソリュージョン 最新一覧 By 楽天



ローズマリー / カムカム / カモミール / 田七人参 / セルライトソリュージョンとメリロート / セルライトソリュージョンと田七人参など / セルライトソリュージョンとαリポ酸
タグ:カモミール



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。